• ホーム
  • 早漏の症状を改善する事が可能なポゼットにはうつの症状を緩和する効能もあるの?

早漏の症状を改善する事が可能なポゼットにはうつの症状を緩和する効能もあるの?

悩んでる男性

ポゼットの有効成分であるダポキセチンは、セロトニンの選択的再取り込み阻害薬に区分され、分泌量を増やしていく作用があります。セロトニンは普段脳や消化器官から分泌されているホルモンですが、脳から分泌されるものは脳神経細胞であるニューロンの先端・末端にあるシナプス間のシグナル伝達を円滑に進めます。その一方セロトニンはシナプス間のシグナル伝達に使われず、一部のものは神経細胞の外へでることもあります。一旦神経細胞を飛び出てしまったセロトニンは、必然的に活性を失いますが、それでも神経細胞へ戻ろうという動きが見られます。

その意に反して一旦神経細胞から飛び出てしまったため、活性を失っているので本来のシグナル伝達機能も発揮できない状態です。セロトニンは神経細胞内へ増えることで、脳の機能不全と一緒に意欲低下になりますし、不安や不眠などの症状が起こりやすくなります。ダポキセチンは抗うつ剤などにも用いられているのが特徴ですが、成分が体内に入るとノルアドレナリンを抑えながらセロトニンの分泌を助ける働きもあります。本来はうつ病の治療薬として用いられていましたが、この働きが早漏の改善に効果があるということで早漏治療薬して改めて開発されています。

服用してから2時間後に効果があらわれますが、効果的な状態は4時間ごとされていて水やぬるま湯・お茶で飲むことで効果が早く出ます。ダポキセチンは基本的に安全性が高い成分とされていますが、それでも副作用が出るときは用法や用量を守っていないことが大きな原因です。ポゼットは射精までの時間を長くする効果がある医薬品としても用いられていますが、医薬品は本来医師の指導のもとで処方され使用することが望ましい方法になります。自分の悩みや弱みを人に知られたくないタイプの人は、自分が早漏であることを医者である他人に告白したくないので、鬱治療薬として購入することもできます。

またクリニックなどにいくことで診察料が必要ですし、保険適用外の治療なので薬代も全て実費になります。このことから繰り返し通院することにより、治療費・薬代や交通費を支払うことも次第に困難になります。このようなハードルを乗り越える経済力などがない場合でも、早漏に対するコンプレックスを克服したいという男性は多くいます。そのようなときは鬱治療薬としても用いられることがあるポゼットを服用することで誰にも知られることなく、コスパも高い状態で服用することができます。

関連記事
早漏を改善する際に使用されるポゼットは酒との相性が悪いって本当なの? 2020年01月01日

ポゼットは脳内で分泌されるセロトニンの量を増やす働きがありますが、アルコールは脳内で快楽的な感情をもたらすドーパミンという神経伝達物質を促します。アルコールには体内でセロトニンを増やしていく作用もあり、ポゼットとアルコールを併用すれば脳内のセロトニン分泌が過剰になります。こうなれば高い早漏防止効果を...

プリリジーのジェネリックを利用する事で悩ましい早漏をお得に改善する事ができます 2019年12月30日

早漏の治療薬にプリリジーという薬があります。これはセロトニン再取り込み阻害の効果で神経を安定させながら、興奮を抑えるセロトニンをコントロールし射精までの時間を遅らせます。プリリジーの有効成分はダポキセチンで、世界で初めての早漏治療薬として誕生していますが、ジェネリック医薬品としてダポキセチンを含有し...

パートナーを満足させにくくなる早漏、その原因にはどんなものがあるのか? 2019年12月28日

早漏にはいくつかの原因がありますが、それによって改善方法も変わってきます。悩みを確実に解消するには原因を明確にすることが大切ですが、その一つに過敏性早漏があります。刺激に対して性器が過敏になっている状態で、自らコントロールすることが不可能なので短時間で射精する結果になります。脳に伝わって刺激が起こる...